働き方見直しコンサルティング


働き方見直し(業務改善)コンサルティング

昨今、国は「働き方改革」を進めていますが、この鍵となるのが、「ワーク・ライフバランス」「ダイバーシティ推進」などによる多様な働き方、多様な人材の能力活用です。今後、少子化による労働力人口の減少は避けられない状況の中、今いる従業員がどれだけ継続して生産性高く仕事ができるか、組織力を強くできるかが重要になってきます。

 

これまでの長時間労働や画一的な働き方では、企業は立ち行かなくなります。

 

育児や介護などの制約のある社員は増え続け、長時間労働ができる人材しか生き残れないという組織のままでは人材は確保できません。

正社員・パートタイマー・アルバイト等の雇用区分や男女、外国人の区別なく、誰もが短時間で成果をだせるようなしくみや働き方の見直しを求められています。

 

多様な働き方を整え、多様な人材を活かすことにより、人材も定着し市場のニーズにも適応する多様なアイデアが生まれ、高付加価値のサービスの継続的な提供が可能となります。

当事務所のコンサルティング 6つのステップと特徴

会社の現状をヒアリング、分析し、オーダーメイドでその組織の課題に合った働き方見直しコンサルティングプランを立てます。

(通常8か月)

 

組織が自主的に課題に取り組むことで、自らの問題解決能力が向上し、コンサルティングが終わっても自走できる仕組みを提供します。

 

 

 

 

働き方見直しにおいて、ノー残業デーや社内制度は作ったが、なかなか定着しないという企業様からのご相談を受けることがあります。

 

制度を活かすためには、その制度を利用しやすい風土を作ることが重要です。

 

そのためには、一人ひとりの自己基盤を整えること、また組織内の関係性の質を高め、チーム力を向上していくことが欠かせません。

当事務所では、コーチング等の手法により、制度づくりだけでなく風土づくりの面からもサポートしています。

当事務所では、(株)ワークライフバランス認定のコンサルタントで組織する「ワークライフバランスコンサルタント九州」と協力をし、
主に九州の企業様の働き方見直しコンサルティングを行っています。

  ワークライフバランスコンサルタント九州